スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山下残WSレポート⑤~番外アルバム編

ws03
WS会場のplatform01は、商店街の
アーケードに面したガラス張りのスペース。
久々のWS風景に、通りを行く人たちも興味津々。

ws04
通りを行く人たちからの熱い視線を浴びる会場ですが
中に居る当人たちは、意外と視線を気にすることなく
のびのびとやっています。

ws08
WS1日目終了後は、残さんとのフリートーク。
質問タイムや初日の感想を語り合いました。
こんなゆるい時間が、大事だったりするんですよね。

ws05
夜になると、明かりのせいで
更に中の様子が目立つようになります。
道行く人たち、全員が覗いて行きます。


たまたま通りかかったおじいちゃん。

ws06
「おや?」

ws07
「なにやっちょんのかえ?」


<かまぼこ>
スポンサーサイト

山下残WSレポート④~じわじわ煮込み完了編

6/13(日)4:30pm

残さんWSも、残り3時間。
あっという間だなぁ。。。



最終クラスでは、冒頭から
昨日受けた参加者からのリクエスト
「音」を使っての創作です。

ws music
参加者がそれぞれ持ち寄った「音」の鳴るものを
床にちりばめて2名ずつ即興で音を奏でます。
この時ばかりはダンサーではなくミュージシャンに!

そして、それを観ている他の参加者は
その様子を手当たり次第文字に起こしていく。
客観的に、でも説明ではなく自分の言葉で。
紙いっぱいに書きなぐられた文章、言葉。

ws09
そして、これらの言葉から
自分の核となるものを抽出し動きに変換。
更にはそれを他の参加者へ振付ける。

これは、残さんが最初に
振付けた作品『ミュージック』の創作手法とのこと。
初期の頃から、やはり言葉を大事に
していたんだなと感じました。

たった数十分の短い時間で、
眼の前の現象から他者へ振付し、発表。
本当に、こんなにスムーズに進むとは。
他者へ説明し動いてもらうことで、
自分の振付を客観視できる良い機会になったと思います。

最後は「煮詰まったときの対処法」
残さんから出てきたこの言葉に
思わず吹き出してしまいましたが、
いや、ダンサーにとっては
これが一番知りたい事かも知れない。

リレー形式でとにかく踊る!踊る!踊りまくる!!
即興ですが、皆さん気持ちが途切れず
だんだんとヒートアップしてきます。
もっともっと踊り続けたいところですが、
タイムリミットが来て、2巡したところで終了。

今回の山下残クリエイションワークショップ、
参加者の意欲と残さんのリードによって
沢山のことが学べるWSになりました。



残さんとは「また来年!」
そう言ってお別れ。

実現したい。
いや、きっと実現するはず。
そんな予感めいた気持ちでお見送り。

このWSが、参加者の中で新しい何かを生み出す
後押しになれたらいいなと思っています。

ws all

講師の残さん、参加者のみなさん
本当にありがとうございました!!

<おわり>

山下残WSレポート③~子どもWS編

6/13(日)2:00pm

plaform01に、ゾロゾロと子ども達がやってきました。
参加者の子どもたちに加えて、その兄弟や付き添いの大人たち、
なぜか大所帯になってしまった今回の子どもワークショップ。

ws child
その賑やかな様子は、やはり外から気になるようです。

詳しい様子は、自身の子ども達も参加したcampeliからレポート!




どもども。
かんぺり
です。

体験しました!
山下残さん子供ワークショップ!

ちゃっかり
息子たち二人(9才・5才)を
ワークショップに参加させていただきました♪

友人の子供たち(10才女子・7才男子)も
二人誘って4人で。

ようやくお会いできた残さん!

しかし今回は
年齢もバラバラ、ダンス経験も
ほとんど無いような子供たち

特にうちの子・・
迷惑かけたらどうしよう
などと不安でしたが。。

はじめは恥ずかしそうに
恐る恐る。。
てかんじでした。

特に次男は
(もともと対象年齢を満たしてないんですけど)
みんなと同じことを絶対やらない!

一人でなんか、くるくる回ってみたりする。
輪には入りたくないが目立ちたい!
みたいな、やっかいな感じでしたので

おかん、耳元でささやきました。

「いっしょにできないなら、お外に行こうね」

「・・・はあーい」

すると一転。
輪に入り、うれしそうにやり始めました。

wsc01

wsc02

実はやりたかったの、
おかーちゃんはわかっているのだよw
きっかけが無いと、素直になれないんだねー

恥ずかしげだった長男も、
好きな場所で、好きなポーズを
と言われると

我さきに!
みたいに
キメてみたり。

結局
「楽しかった!!」
と、ニコニコでした!

どうなるのか、という心配をよそに
マイペースな子供たちを前に
残さんも常にマイペース。

ふんわり、和やかで、
わくわくな雰囲気のワークでした♪

wsc03

参加者の中に、積極的に動いてくれる
女の子たちが居てくれたし、
サポートに来てくれた
ダンサーのみんなのお陰もあり。
無事に終了することができました!


本当にありがとうございました!

wsc all



・・


欲を言えば、
別府で
残さんの作品が観たいなあ・・・


<campeli>

山下残WSレポート②~怒涛のモチーフラッシュ編

6/12(土)14:00~

いよいよ待ちに待った残さんのWS開始です。
ws02



今回の参加者は、地元大分の6名に加えて
福岡から(!)3名、神戸から(!!)1名。

神戸の方は、たまたま辿り着いた
BEPPU PROJECTのブログで募集を読み
そのまま来てしまったそう。
こういったつながりは、本当に嬉しいものですね。

ご近所ダンサー、紛れダンサー、レッグウォーマーずetc.
多くの仲間たちと再会。更に新しい人たちとの出会い。

初めての参加者が戸惑っていないか心配でしたが、
どなたも元々は他のダンスをしているだけあって、
冒頭からハイレベルなものとなりました。



残さんのWSは、ご自身が
今までやってきた数多くの振付手法の中から
参加者に合わせてチョイスする、というやり方。

これほど多くの創り方を具体的に学べる機会は
本当に少なく、とても貴重な経験でした。

多くの創り方を実践するだけあって、
沢山のモチーフがポンポン生まれてきます。

ws01

たった数分で10個以上のモチーフを創り、
更にそれを数人で組み合わせて、切り貼り。
「振付のデータ化」という手法が面白い。



6時間みっちりのWSの後は、参加者数人とお食事へ。
参加者の1人から「音を使って創作したい」との
リクエストも飛び出し、明日の最終WS
どうなることやら。ワクワクです。


<つづく>

山下残WSレポート①~別府上陸編

6/13(日)をもちまして、
山下残クリエイションワークショップが終了しました。
ありがとうございました。

これから少しずつレポートしていきたいと思います。

1日前倒しで別府入りした残さん。
まずは、上陸編から。

ワークの内容はまた後日(笑)




6月11日(金)

am7:00
残さんがさんふらわあ号に乗ってやってきました。
多くの登山客にまぎれてあたまひとつ飛び出した細い身体。
念願の別府初上陸です。

軽く朝食を済ませて、早速お風呂へ。
ここはやはり定番の竹瓦温泉を。
お風呂上がりには、朝風呂に来た
名物おばちゃんにバッタリ遭遇。
なにかの縁が引き合うのでしょうか。

am11:00
お昼は六盛の冷麺!
ぎゅうぎゅうのお客さんと相席しながら食べる。
残さんにとっては初めての土地、初めての味。

pm1:00
午後からはBEPPU PROJECTスタッフの林くんに
各地のplatformをはじめ、
別府の町をくまなく案内してもらいます。
彼の愛車、遠藤一郎さん作「未来へ号」に乗って、
鉄輪や明礬エリアへもひとっとび。

この日の湯けむり展望台は、晴れ渡っていたせいもあって
湯けむりの長さが短く、少々残念な印象でした。

pm7:30
夜は、そのほかのスタッフや理事数人とお食事。


来た途端こんなに分刻みのスケジュール、
明日のワークは大丈夫かしら。。。
心配しつつも、楽しいひと時を過ごしました。

さあ、明日から
いよいよワークショップが始まります。

<つづく>
カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリー
最近の記事
リンク
過去の来県アーティスト
O'nDO関連イベント出演者 (踊りに行くぜ!!大分実行委員会時代を含む) ※50音順 ・ 敬称略
カウンター
プロフィール

oオンドo

Author:oオンドo
O'nDO(オンド)のブログへようこそ!

「踊りに行くぜ!!」大分実行委員会から誕生したグループ。

「踊りに行くぜ!!」とは?

大分オリジナルのコンテンポラリーダンス(オオイタン・ダンス!)を盛り上げるべく、日常に密着した活動を展開しようと、2007年12月に結成。2008年1月、本格始動!

O'nDOの活動目標はこちら

メンバーは現在3名。
リーダーなかじまみわ(Canpeli)
個人ブログこちら
タカハシアヤ(Ayata)
個人ブログこちら
伊達なつき(かまぼこ)
個人ブログこちら

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。