スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニフェス レポート③

やよい天狗通りから梅園通りを抜けて、
次の会場、国際通りソルパセオへ。
こうやって、趣きある路地を移動しながら
会場をめざすのも別府ならではの楽しさ。




※かまぼこによる個人的な感想です。
ネタバレも含んでいます。ご注意ください。



ソルパセオ商店街とくれば、毎度おなじみplatform01へ。

今回のんまつーポスの作品も
『別府商店街ダンス化計画』と同じように
会場内に客席、ダンサーは路上で踊る形態です。
劇場での作品は観ていたのですが、この作品を
昼間の路上でどうやってみせるんだろう??
と、以前から気になっていました。

すると、先日のブログでご紹介した
遠藤一郎作『未来へ号』から
んまつーポスのお2人が登場。

なるほど、それで目の前にずっと車があったんだ!と納得。
ずっと「ジャマだなー。どけないのかな。」と思ってました(笑)

舞台上手から、人間では通常ありえないくらいの高さで
ふたりがジャンプしてきます。
実は、この作品の特徴でもある
トランポリンを使ったトリックだったのですが、
観ていた観客は、「おーっ!」と声を上げ、
まるでサーカスを観ているような雰囲気で楽しんでいました。

普通の商店街なので、通りを通過する人たちももちろんいます。
物珍しそうに凝視する人、意識しつつ見ないふりをする人、
足早に立ち去る人、立ち止まっちゃう人。
いろんな「素」の反応を楽しめるのも、
この形上演形態ならではでした。

---------------

お次は、座っていた向きを逆にして
中島由美子さんの登場を待ちます。

舞台袖がないplatform01で、どうやって登場するのだろう?
と気になっていたのですが、しばらく待っていると
観客の後ろから空き缶が投げ込まれました。

ははーん、なるほど。そういうことか。
後ろに目をやると、
中島さんが観客にまぎれ空き缶を投げています。

アルミやら、スチールやら、ボトルタイプやら
いろんな種類の空き缶たち。
それぞれ形状も素材も違うので、当たるたびに
違う音、違う動きが見えてきます。
・・・缶も踊ってるなー。

最前列、桟敷の子ども達の目が輝くこと輝くこと。
きっとここ数日は、空き缶遊びが
ちょっとしたブームになってたことでしょう。

ひとり遊び、閉塞感、戸惑い、少しの怯え。
そういった感覚を覚えながらも、
彼女独特の「軽さ」「薄さ」が
サラリとした感触を残してくれました。


---------------

さあさあ、お次は竹瓦の上映会。
「ダンサーを探せ!!」紛れダンサーの
ヒッキーと共に、platform02へちょっと寄り道。


<つづく>
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
最近の記事
リンク
過去の来県アーティスト
O'nDO関連イベント出演者 (踊りに行くぜ!!大分実行委員会時代を含む) ※50音順 ・ 敬称略
カウンター
プロフィール

oオンドo

Author:oオンドo
O'nDO(オンド)のブログへようこそ!

「踊りに行くぜ!!」大分実行委員会から誕生したグループ。

「踊りに行くぜ!!」とは?

大分オリジナルのコンテンポラリーダンス(オオイタン・ダンス!)を盛り上げるべく、日常に密着した活動を展開しようと、2007年12月に結成。2008年1月、本格始動!

O'nDOの活動目標はこちら

メンバーは現在3名。
リーダーなかじまみわ(Canpeli)
個人ブログこちら
タカハシアヤ(Ayata)
個人ブログこちら
伊達なつき(かまぼこ)
個人ブログこちら

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。