スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニフェス レポート④

ダンスフィルム上映までは少し時間があるので
platform02に寄り道。

ここでは、フランク・ブラジガンドさんの
作品が展示してありました。
以前の日記にUPした、ひょうたんやキジの剥製も
ちゃんと作品の一部になっていましたよ。

畳が敷かれており、中央の座卓にはお菓子まで。
(もちろんこれらも作品です)
p02-2
友人とお菓子をつまんだり、将棋のまねごとしたり
(本当に作品ですってば)
しばらく楽しんでから、竹瓦温泉に移動。


竹瓦温泉は、市内でもっとも有名
と言っても過言ではない共同温泉です。

ほとんどの共同温泉がそうなのですが、
温泉と地区の公民館が併設されています。
竹瓦温泉の場合は、2階部分が公民館です。
今回の上映は、そこで行われました。

普段よく利用する温泉ではあるのですが、
2階に上るのは初めてです。



※かまぼこによる個人的な感想です。
ネタバレも含んでいます。ご注意ください。


■17:00~ @竹瓦温泉

竹瓦の2階は、広い畳の部屋でした。
その真ん中に大きなスクリーン。
畳でくつろぎながら、大画面で映像を観る。
ちょっとしたゼイタク気分を味わいました。

今回の映像セレクトされた飯名尚人さんは、
Dance and Media Japanという、
パフォーミングアーツと他メディアをつなぐ
活動を主宰していらっしゃる方で、
最近では映像作家としても活躍されています。

そんな飯名さんの解説は、とても
わかりやすい。聞きやすい。
トークショー形式だとか、ワークショップだとか、
「もっとこの人の語る言葉で知りたい。」
と思わせる方でした。

上映作品の感想は、、、

※3/14(日)の上映内容のみ

「A Day at the Office (会社の1日)」【カナダ】
会社の何気ない日常の中で、ちょっとした魔法がかかった。
というような感覚の、ミュージカルに近いような作品。
ユーモアに富んでいて、初心者の方でも
気軽に観られるような作品でした。

「Intemperies(天気)」【ベルギー】
全体的にセピア色という印象。
ダンサーの不気味なくらいの白さが浮き立ちます。
立ちすくむ男の周りを、次々と滑り落ちていく人たち。
どんなトリックかといえば、舞台とカメラを
それぞれ斜めに設置しているのだそうです。
こういったトリックは、
生の舞台だとネタバレになってしまうので
映像作品ならではですね。
夢の中にいるような不思議な雰囲気の作品でした。


----------

さあさあ、残すは
いよいよ最後のダンス会場、A級劇場です。
その前に、腹ごしらえも忘れずに。

<つづく>



※おまけ情報※
飯名さんのワークショップが、
Monochrome Circus森さんが代表を務める
京都国際ダンスワークショップフェスティバル
「京都の暑い夏」で行われます。
5/10にはショーイングも開催されますよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
最近の記事
リンク
過去の来県アーティスト
O'nDO関連イベント出演者 (踊りに行くぜ!!大分実行委員会時代を含む) ※50音順 ・ 敬称略
カウンター
プロフィール

oオンドo

Author:oオンドo
O'nDO(オンド)のブログへようこそ!

「踊りに行くぜ!!」大分実行委員会から誕生したグループ。

「踊りに行くぜ!!」とは?

大分オリジナルのコンテンポラリーダンス(オオイタン・ダンス!)を盛り上げるべく、日常に密着した活動を展開しようと、2007年12月に結成。2008年1月、本格始動!

O'nDOの活動目標はこちら

メンバーは現在3名。
リーダーなかじまみわ(Canpeli)
個人ブログこちら
タカハシアヤ(Ayata)
個人ブログこちら
伊達なつき(かまぼこ)
個人ブログこちら

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。